13032001.gif

 

Bristol Blenheim Mk.Ⅳ-2

18092119.jpg
秋の長雨でございます。
こうして一雨ごとに涼しくなり、そして寒くなりますな。
日本の季節感を肌で感じることができまする~

そろそろ、イッペイやっか? と思う時間帯に差し掛かってきますた(笑)
それにはアテでございますな。
チキンの胸肉を軽くバターで焼いて焦げ目をつけ、
トマトソースに沈めて、チーズをたっぷりと。
あとはオーブンで焼くべぇかな~
と、今晩のバーボンのつまみを考えておりまする~~

ちゅーことで、ブレニムです。
18092101.jpg18092102.jpg18092103.jpg
翼端灯は例によって、透明パーツに変更。
市販の透明パーツに0.3で穴を開けてエナメル塗料を流し込みます。
あとは接着してガシガシとペーパーをかけ、
モデラーズのコンパウンドで仕上げます。

18092104.jpg
カウル前部は厚みがあるので、削り込みまする。

18092105.jpg18092106.jpg18092107.jpg
う~~ん……カウルフラップも厚いなぁ!……ということで、全とっかえに決め!(笑)
セロテープを巻いて、モールドを手描きでトレース。
剥がして、取っ掛かり部分を残して、フラップ部分を削除。

18092108.jpg18092109.jpg
排気管を接着。 
取付部分のモールドが甘いので、新たにプラで整形、取り付け。

18092110.jpg18092111.jpg18092112.jpg
トレースしたセロテープは、名刺の紙にくっつけてスキャン。
PCに取り込み、グラフィックソフトで清書してから
少し増やしてプリントアウトでし。

18092113.jpg18092114.jpg18092115.jpg
ミツワのペーパーセメント!
これは実に優れものでございます。プリントした紙の裏にベタベタと塗ったくると
シール状になるという。接着力がそんなに強くなく、貼ったり剥がしたりが出来るという。
油性なので、紙がゆがむこともありましぇ~ん。
ちょいとした固定にはぴったりカンカンです。

余談ですが、今ほどパソコン文化が発達していなかったほんの30年ほど前は
印刷物の文字、いわゆるフォントですな……文字は写真植字(写植)といいまして、
印画紙に文字を打つ職人が居たんですよ。
何文字でいくらという時代でした。結構高かったなぁ。
その文字を打った印画紙の裏側にこのペーパーセメントを塗ったくって、
デザインナイフで切り出し、版下に貼っていたという、
なんともアナログな作業をしていたんですな(笑)
そのときの修行の賜物か、今でも左手にデザインカッター、右手にピンセットという
二刀流が使えまする~~(笑)
……閑話休題……
そいつを0.4厚ブラ板に貼り、デザインカッターでケガキます。
で、スミ入れ……目が悪くなってきたからね~~ううう~(笑)

18092116.jpg18092117.jpg18092118.jpg
0.4㎜厚じゃ、まだチト厚いのでちょいとペーパーがけでございます。
次! 人差し指と親指でつまむようにして、軽く爪を立て何度かしごくと
丸まって微妙なアールが付きまする。
あとはカットして微調整しながら一枚一枚接着すればオッケーでございます。
どうしても、隙間が合わなくなるので「辻褄合わせ」は胴体側の見えづらいとこで……(笑)

え~~
なんとなくドツボにはまってるよーな気がするのは
なぜでしょう?
(笑)

バーボンも飲み始めますた~~(爆)

本日もお付き合い、ありがとうございました。



スポンサーサイト



 

Bristol Blenheim Mk.Ⅳ-1

18091200.jpg
台風だの北海道地震だのと天変地異が続きましたな~
被災された方には、心からお見舞い申し上げます。

また、スポーツ界の天変地異もいろいろと……
ボクシング、相撲、バスケ、体操、レスリング、アメフト……etc
ま、ケースバイケースだと思いますが、
どこまでが暴力なのかという……
こづいたり、ひっぱたいたり、蹴りを入れたり、物を投げつけたり
罵声を浴びせるなんざぁ、
運動部の世界では当たり前の世代で育っているので
どこがパワハラなのか、ち~~っとも解らないですな(笑)
そういう痛みを伴う精神論的なものが
あまりにもないがしろにされ過ぎている昨今なので、
ロクでもないガキ共がのさばっているんじゃないかと……
いっそのこと、徴兵制度を真面目に考えた方がいいかも……(笑)
と、思う今日この頃ですが如何お過ごしですか?

今日は比較的、涼しいのでアントニオ・カルロス・ジョビンを聴きながら、
レモンハートというラム酒に酔いしれておりまする~
あと、一時間もするとパワハラなんぞ、
どーでも良くなると思いますが(笑)

18091201.jpg
MPMのブリストル・ブレニムでございます。
(ブリストル・ブレンハイムでもOK)
コイツがまた……(笑)
いままで、比較的タミヤだのハセガワだの最近の定番路線を
歩んできたせいか、メッチャ作り辛いですぅ。
接着部分のガイドがまったくなく、全てイモ付け仕様(笑)
パーツの精度も悪く、ユニットどうしの合いも良くない。
400番、800番、1000番、1500番、2000番のペーパーが
どんな場面にも、もれなく必要不可欠という(笑)
んが……飛行機模型の面白さの原点を堪能している気が
するんでございますよ。……コレが(笑)
やっぱこーだな。みたいな。

18091202.jpg
胴体上部の機銃部分です。
これがまっ~たく合わない!
パテ&ペーパー作業でやっとここまで……あ~、楽しい(笑)
ね? タミヤなんぞだったら、「ありえねー!」と思いますよ、マジで。

18091203.jpg18091204.jpg
なにもしないコクピット状態です。
機首が全て透明パーツです。
外からの機内色塗装だと、とーしてもツヤツヤしちゃうので
一応、内側を筆塗りしました。
で、これじゃぁぁぁあまりにも殺風景だろー?
ちゅーことで……

18091205.jpg
18091206.jpg18091207.jpg
ちょいとしたテーブルにスタンドライトを設置して
コンパスっぽいものと、地図をあしらってみますた(笑)
他、メーター類や消化器等を追加です。
蓋をしちゃうと、なんだか解らないんすけどね~

なんだかんだ言っても、
久し振りに手を加える模型を堪能しておりまする~(笑)
いいな~、これが生みの苦しみっつーヤツね。

本日もお付き合い、
ありがとうございました。



 

« »

09 2018
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
SEARCH