13032001.gif

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

Kubelwagen-4

16090905.jpg
いや~、9月になったのにまだまだお暑うございますなぁ~

相変わらず、でかいキューベルを・・・・・・
しかもチマチマと弄りたおしておりまする~(笑)
16090901.jpg16090902.jpg16090903.jpg
やっとボデーの汚しだす。
ほぼタイヤのウェザリングと同様に。
ラッカーパテを塗ったくり、エナメルで泥色っぽい色を塗装します。
で、ミグ粉をバシバシ擦り付けまする。
地の錆やらのコントラストが緩和されて馴染み、埃っぽくなるっしょ?(笑)

16090904.jpg
このあたりも、特にパテを塗ったくりますた。
ううう~、我ながらきったね~~(笑)


もう約二か月っきゃねえ~~よ~~
飛行機、やんなきゃなー


本日もお付き合い、ありがとうございました。


スポンサーサイト

 

Kubelwagen-3

16071301.jpg
あ、暑いですな~。

なんでも、プラッツから「盆栽」のキットが出るらしいっすね~。
6時のTVニュースでやってますた。
かなりリアルで良さげでしたよん。買ってみっかな~。
……模型の雑誌類は一切購入していないので、そういう情報には疎くて(笑)

で、キューベルワーゲンでございます。
相変わらずチマチマとウェザリング。
16071302.jpg16071303.jpg16071304.jpg
ドアの部。
全面錆色に塗装した後、マスキングゾルをランダムに塗布。
ダークイエローの塗装後、エナメルのフィールドグレイをスポンジでパフパフ。
マスキングゾルを剥がして、軽く墨入れでごんす。
次に、錆部分をダークイエローで微調整して、ミグの粉類でグラデーション。
定着は、アクリル溶剤でございます。
で、車体にはめ込みます。

16071305.jpg
シートもかなり汚く(笑)

16071306.jpg16071307.jpg
ドライバーのフィギアにハンドルを握らせるので、車体の製作途中で
どうしても一体作らなければなりませぬ~。
そのままだと、腕とドアのフィット感があまりないので、エポキシパテでモールドを追加。

16071308.jpg16071309.jpg16071310.jpg
タイヤの部(笑)。
途中までは、上記ドアの部と同じです。
で、途中からラッカーパテを塗ったくりまする~。
パテ部分を泥色(エナメルでフラットブラウンとフラットブラックの混色)で塗装。
仕上げにミグ粉を塗ったり擦ったり叩いたりと(笑)

ウェザリングはいろいろな方法のミックスで
あくまでも自己流でございます。
良い子の皆さんは、あまりやらないほうがよろしいかと(笑)
収拾がつかなくなります。


あ~~、飛行機製作の禁断症状が徐々に現れ始めておりまする~(笑)

今回もお付き合い
ありがとうございました。




 

Kubelwagen-2

16062101.jpg
舛添もバカだねぇ~
都民・庶民との温度差なんぞ、解りそーなもんじゃん。
な~んで、あえてあーいう愚挙を繰り返すんかな~
バレっこないなんて思ってたとしたら、タコだよ、タコ(笑)
辞めなくて済むと思ってるふしが見え隠れするのもタコだし、
往生際の悪さなんぞタコそのものだし、
せこすぎるのもタコだよ(大笑)
嫌いじゃない人間だっただけに、残念だよな~
ま、いっか~ おりゃもう都民じゃねぇ~し(笑)
都政なんぞ○○食らえ~てなもんす。

で、キューベルワーゲン!
もちろん、こっちの方が俺にとって大事(爆)
16062102.jpg
簀子にも、パテ盛りを設えて泥色(比較的新しい泥用(笑))で塗装。
レバー類近辺にはオイル汚れなんぞを。

16062103.jpg16062104.jpg
他、インテリア部。
錆なんぞをぼかし、Mig粉で汚れのグラデーションを施します。
ドアを接着するときに、ラッカーパテで泥を表現しますです。
この時点で泥作業を施して、ドアが閉まらくなると一大事なんでね(笑)

16062105.jpg16062106.jpg
どーにか、キューベルワーゲンらしく(笑)

全体的に汚しに汚しまくる予定でがんす。
巻頭の写真のよーに・・・・・・(笑)

戦時下の兵隊さんの足である車輛が
中途半端に汚れてるわきゃーないので・・・・・・

模型的な美的感覚がど~のなんて思わず
リアル感を追及する所存でしっ!(爆)


本日もお付き合い、ありがとうございました。

 

Kubelwagen-1

16060617.jpg
早くも6月ですな~。
先日のSHSの興奮もまだまだ冷めやらずに健在(笑)・・・・・・楽しかったなぁ~

で、数年に何度かAFVを作りたくなるんですよね~
ストックの山ん中をガサゴソと這い回り、これでもやったろーじゃん!
16060601.jpg
ちゅーことで、TAMIYAのキューベルワーゲン。
1/16(笑) ……デカ!

16060602.jpg16060603.jpg16060604.jpg
エンジン部分もナカナカ。パイピングしてしっかり塗装すればかなりリアルな
仕上がりが期待できそう。
だけど、見せるとこではないので、このまんまで閉じちゃいますよん(笑)

16060605.jpg
んで、見えそうな部分は全て海老茶に塗装・・・・・・そう、錆ですな
な~んか、わざとめんどくさくしてるみたいな(笑)・・・・・・度Mプレイ(爆)

床部分は、上に簀子が乗るので先に汚しちゃいます。
16060606.jpg16060607.jpg16060608.jpg
まずはマスキング液(マスキングリキッド)を適当に塗布。
上からサンドイエローを塗装。
ちまちま剥がしていきます。

16060609.jpg16060610.jpg16060611.jpg
この塗装被膜の微妙な段差がたまらん(笑)
ジャーマングレイで床の凸凹のエッジ等をチョンチョンと。でスポンジでチョンチョン。
フラットブラックで墨入れ。

16060612.jpg16060613.jpg16060614.jpg
錆部分は、MIGの粉でぼかします。
ラッカーパテで泥を再現。
で、泥色で塗装(笑)

16060615.jpg16060616.jpg
MIGのお粉でシャカシャカやって、全体を均します。
で、簀子を乗せると殆ど見えないという・・・・・・度Mプレイですた(大笑)


完成するのは、いつになるやら・・・・・・

本日もお付き合い、ありがとうございました。




 

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。