13032001.gif

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

 

Henri Farman HF-ⅩⅩ-6

相変わらず、明け方?の3時、4時ごろから
もぞもぞと起き出して、ちまちまと作っております。
こんにちは。

やっと、ファルマンがデケタ~~!

スポークパーツもやっと届いて、くり抜いたタイヤに装着!
真鍮管をシャフトとして、主脚の軸にかぶせる方法にしますた。
コレだと、径の違いによる若干の遊びが出来て、
なんとなく着地しやすくなります。
尾翼、主翼のエルロン可動用のワイヤーは全て伸ばしランナーだす。
やっぱり、微妙に太さが違ってしまうので、
部分的にチョイスするのが、ちとシンドイ(笑)
13040901.jpg13040902.jpg13040903.jpg
13040904.jpg13040905.jpg13040906.jpg
13040907.jpg13040908.jpg13040909.jpg

なんとか出来たけど、課題だらけの完成で
いい経験になりました~~
ただ、作るうえで段取りを間違うと命取りに……(笑)

持つところが段々と限られてくるっちゅーのも
なんか、魅力的……
模型が勝手に自己主張して挑んでくるよーな気が……(爆)

コイツも簡単なディオラマにしてみよーかと。

さて、あとはバイクだな……

本日もお付き合い……ありあとあんした~~





あ、マーキング忘れた……(爆)










スポンサーサイト

 

Henri Farman HF-ⅩⅩ-5

アイスコーヒーを淹れる時期となりましたね。
我が家でもポット2杯分のアイスコーヒーを淹れています。
ホットコーヒーの豆を10%ほど混ぜて、落としたらすぐに氷で冷やすことがポイントです。


こんにちは。
さて、ファルマンです。
タイヤには、スポークのモールド済みというパーツだったので、
くり抜いて、別売りのスポークパーツを貼り付けることにしました。
で、主脚です。金属製ストラットとプラロッドを組み合わせて
なんとかカタチに……(笑)
付属の主脚パーツは、バリ取りと修正に時間がかかるようだし
一から工作したほうがすっきりするような気が……
またアイボルトもつけなければという(笑)
ということで、どうにか自力で立ち上がりますた~。
マンモスうれピー!
……って、なんだよ、あのアマ!平気な顔して復活してるじゃん!
厚顔もあそこまでいくと凄いですな~~だから芸能界って……ま、いいや(笑)

ううう……しかし、やっぱりこの飛行機、華奢だよ~~
主脚周りも張り線があるし……

13040701.jpg13040702.jpg13040703.jpg
13040704.jpg13040705.jpg13040706.jpg
13040707.jpg13040708.jpg13040709.jpg
どうなることやら……

今週中には完成させたい気分だなっと~

お付き合い、ありがとうございました。





 

Henri Farman HF-ⅩⅩ-4

春酣ですが、桜花見もぼちぼち終わりですね。
……あ、この辺ではね。

今日は久々の完全オフで、あまりやることもなく
YouTubeで「電車男」を見て一人笑い転げておりました。
……という、寂しい一人の休日です。


ということで、ファルマンです。
翼間の張り線をほぼ終えて、尾翼です。尾翼には0.3の真鍮線をぶっさして
後脚の工作……これがまた、ヤワそうな造りで……(笑)
プラロッドを削って形作り、0.5の真鍮管をはめ込み潰しました。
あとはエッチングのジャンクパーツでそれらしく。
胴体(?)フレームの張り線は、前回と同じく伸ばしランナー。瞬着の点付け。
細めを選んで、塗料の皮膜を重ねることで線の太さを微調整です。
13033001.jpg13033002.jpg13033003.jpg
13033004.jpg13033005.jpg13033006.jpg
13033007.jpg13033008.jpg13033009.jpg
ここまでくれば、どうにか飛行機らしく見えるかと……(笑)
よく見ると大分荒い作りだけど、肉眼なら許容範囲だな……と無理やり思いこんどります。

この張り線のゴチャゴチャ感がなんとも萌え――――――――ッ!

あ……「電車男」の見過ぎだわ(笑)

お付き合い、ありがとうございました。

 

Henri Farman HF-ⅩⅩ-3

やっとここ沼津も春らしくなってきました。
ポカポカと暖かい日が続いています。

さて、ファルマンです。
アイボルトを埋めこんで、自家製「マットリネン」を吹き、
リギングまですすみました。
リギングは操縦席と平行のストラット間から。
張りと塗装の繰り返しです。
ボディ?のフレームは0.5の真鍮線と自家製ストラットをハンダ付け。
すっげーヤワな感じ(笑)
操縦席はフラットホワイトの筆塗りとしました。

13031801.jpg13031802.jpg13031803.jpg
13031804.jpg13031805.jpg13031806.jpg
13031807.jpg13031808.jpg13031809.jpg
13031810.jpg13031811.jpg13031812.jpg

尾翼回り、主脚ともにキットのパーツでは心もとないので
ほとんど自作かも……(笑)
やっぱり、めんどくさいのは…………好きだな~(笑)


お付き合い、ありがとうございました。



 

Henri Farman HF-ⅩⅩ-2

沼津にも早咲きで有名な「川津桜」がちょびっとあるんすよね。
おもわず通勤途中でカメラのレンズを向けちゃいました。

映画……「アルゴ」見ましたよ~  めちゃくちゃ面白いです。
ベン・アフレックって最近はなんとなく軽い感じに見えて仕方がなかったのですが
見事に払拭していただきました。
「フライト」はさすがに芸達者なデンゼル・ワシントンですな。
アル中をいい感じの演技で見せてくれます(笑) わかるな~!っちゅーとこが
随所に……(笑)
「ダイハード5」……今度はロシアで大暴れ!……何をかいわんやですな(笑)
長男の危ない仕事の邪魔をしながらの~ジョン・マクレーン節!
「テッド」これは秀逸! あのショーモナイぬいぐるみに感情移入してしまうという。
あ~~んなスケベでふしだらなテディ・ベアのヌイグルミは見ものでごんす。
お子ちゃまには見せられまへん(笑)

で、ファルマンでございます。
エンジンをちょいとディティールアップして終了。
シリンダーヘッドを削りジャンクパーツをくっつけて0.2真鍮線プッシュロッド。
あとは銅線のコード類をチマチマと。
いつも同じよーな簡単なディオラマですが、ヴィンテージバイクが登場すると
少しは色気が増すかなと思い、トライアンフを造ってます。
フレームは0.3の真鍮線、タイヤは長谷川ゼロ戦のやつをペーパーで整えました。
あとはそれなりに造ってます(笑)
小さすぎるので、どこまでカタチになるやら……
これも……スクラッチってやつかな?
13030208.jpg13030209.jpg13030201.jpg
13030202.jpg13030203.jpg13030204.jpg
13030205.jpg13030206.jpg13030207.jpg


本日もご覧の皆様、
お付き合い、ありがとうございました。


 

« »

05 2017
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
SEARCH

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。