13032001.gif

 

真田信繁-3

19052212.jpg
え~、HBOのドラマ「ゲーム・オブ・スローン」というファンタジードラマにハマってしまい、
1日に6話ほど見ていますた(笑)
1シーズン10エピソードで6シーズン(60話)まで一気に見てしまいますた(笑)
毎回、映画を上回ると言ってもいいほどのセットと尋常じゃないエキストラ
圧倒的なキャラクターを持った、複雑な相関関係の登場人物、
見どころ満載のSFX、通常のTVドラマより長い納得の54分等、
視聴者を飽きさせません。
アマゾンプライムの会員の方は是非観るべきでしょう。
下手な映画よりよっぽとマシでございます。
因みにHBOはあの「バンド・オブ・ブラザース」や「ザ・パシフィック」を
作った会社でございます。
HBO作品は他にアメリカ禁酒法時代の物語「ボートウォーク・エンパイヤ」、
麻薬組織対警察の盗聴戦「ザ・ワイヤー」など
骨太のストーリーがナカナカです。
一方では「セックス・アンド・シティー」などオチャラケた女性達の本音ドラマ(?)なども
作ってます。
機会があれば観たらいいかも(笑)

で、真田幸村でございます。
19061501.jpg
赤いところ、黒いところと
全体的に塗り分けました。
全てタミヤのエナメルでございます。

19061502.jpg19061503.jpg
鑓を持たせました。
中心部は0.8の真鍮線でブレードはブラバンから削り出し、持ち手部分はエポキシパテです。
ブレードより下の部分は細切りのマスキングテープでございます。
塗っちゃえばそれなりに……(笑)
でも、なんとなく西洋風の鑓になってしまいますた……ウウウ~

19061504.jpg19061505.jpg
兜を装着。
どうにか収まってホッとしてまする~(笑)

で、馬に着手で~す……ウウウ~
19061506.jpg19061507.jpg
ざっと、ラッカー系で塗りました。
タテガミは、モールドのままだとナンダカナ~っちゅー感じだったので
エポキシパテで作り直しでございます。
あとは、プラペーパーとかプラ棒とか、印刷で使用する製版用のペーパーとか(笑)
モノホンの赤い糸やらで作り込んでいきまする~

19061508.jpg19061509.jpg19061510.jpg
そんなこんなでベースでございます。
同じクラブのO氏より頂いた木製のベースを利用させていただきました。
周りをマスキングテープでマスキングしてから
タイルの目地材を流し込み、自家製「泥色」で塗装して、
石をジャーマングレイで塗り分けます。
因みに地面のベース材は「ドフィックス」とかいう高価なものなんぞ使用しなくても、
半額以下で安価に購入できる、普通のタイルの目地材が便利です。
木工ボンドで接着力を強めたり、水性塗料等で着色も可能です。
※100円ショップの紙粘土等も利用可能です(笑)
要は、高価なモノがある場合は、
間違いなくそれに同等な安価なモノがあるということです。探せばね(笑)

19061511.jpg19061512.jpg19061513.jpg
シーナリーグラス(鉄道模型用)を部分部分に撒き散らして
水性ボンドで固定します。
立体感を出すために、束ねたシーナリーグラスを適当に植えて固定。
乾燥後剪定します。

19061514.jpg
で、幸村は馬に乗せました(笑)

ベースに接着固定して、どうにかの完成でございます。
19061515.jpg19061516.jpg19061517.jpg
19061518.jpg19061519.jpg
地面に刺さった矢は、タミヤの「赤穂浪士」のセットより利用しました。
掛け軸風タイトルはシール紙にプリントアウトした文言と模様を
ブラバンに貼り、ランナーでそれらしく(笑)

なんだかんだで結構楽しめたりするでした~~
コイツを「タミヤ人形改造コンテスト」かなんかに
応募しよーかと……
どうなりますことやら……(笑)


で、ドラマは只今「グレイズ・アナトミー」にハマってまする。
舞台はシアトルで、複数のキャラクターがインターンから始まり、
なんじゃこんじゃで人間関係のメンドクサイ部分をクローズアップし
医療の難しさと疑問にぶつかりながら日々成長していくという
医療ドラマでございます。
感想としては、狭い範囲内で男女の医者、看護師等が
ヤったヤらないという、シモネタ満載の実にくだらないドラマですが、
アメリカ的ブラックジョークがそこここに光り、時間潰しには打って付けです(笑)
はい、あの名作の「ER」には完敗でしょう……(笑)


と、いうことで本日もご覧の皆様、
ありがとうございました。
ますます、暑くなりそうな気配です。
くれぐれもご自愛くださいませ。










スポンサーサイト



 

真田信繁-2

19052212.jpg
昨今、嫌な事件が多いですな~
世の中、社会、環境が悪いからと、とんでもない言いぐさで
周りのことも考えられず自分本位で信じられないことをやらかしちゃうという……
同じ空気と時間を共有している私としては、実に嘆かわしいことだと
思う今日この頃、お元気ですか?

で、真田信繁でございます。
19053001.jpg19053002.jpg19053003.jpg
まずは、鎧らしきものから(笑)
長めの細切りプラペーパーを重ねたものを作って
必要に応じて切り出して貼り付けます。
次にエポキシパテで、野袴と陣羽織を着せます(笑)
腰に差した大小の太刀によって陣羽織がうねるのが見せ場でごんす。
あとは、陣羽織の合わせや籠手の紐やらディティールアップ。


19053004.jpg19053005.jpg
19053006.jpg19053007.jpg
こんな感じ。
ちと雑なかんじっすけど、塗装をしっかりすりゃどーにかなるかと(笑)
因みに足首部分から下はタミヤの忠臣蔵セットから流用しちゃいました。

19053008.jpg
前回作った兜を載せるとこんな感じ(笑)


え~~
何をやってんだかという、自問自答を繰り返しながら
自室で作りつつ、
毎日を過ごしている自分が、
情けなく感じることを禁じ得ない私でございまする~(笑)

あ~~、飛行機作りてーーーー!!

本日もお付き合い、ありがとうございました。







 

真田信繁-1

19052212.jpg
え~、こんにちは。
ちょいと、1/35で真田信繁……真田幸村ですな……のフィギアでも
作ってみよーかと(笑)

で、幸村なんですが、実はな~~んもしないただの遊び人みたいな方だったよーですな。
親父(真田昌幸)と兄貴(真田信幸)は頭のいい、権謀術数に長けた人で沼田の真田家を引っ張り
群雄割拠する戦国末期においてはあっちゃに付いたり、こっちゃに付いたりで
ひらひらと生き延びます。
昌幸はいずれ徳川と豊臣とケンカするだろうと早くから予言して、長男の信幸を徳川家へ
(家康家臣の本田忠勝の娘と祝言)、そして昌幸と幸村は豊臣家に付いちゃいます。
幸村の嫁は、石田三成の盟友でハンセン病とも言われた大谷吉継の娘でした。
関ヶ原の役のあと、昌幸と幸村は家康から死罪を言い渡されますが、信幸のおかげで
助命されます。昌幸の意図が的中ですな(笑)
で、九度山で蟄居ということに。こんときも幸村はなんもせず、生きるために紐を作って
売ったりしてます。これが後に有名になった「真田紐」ですな。
親父の昌幸が亡くなり、時代は怪しくなって、さ~、また豊臣残党(秀吉も死んでいる)と
家康でケンカが始まります。
このときに初めて、幸村は自分の意思を明確にして昌幸を偲びつつ子息の大介とともに
豊臣側に付きます。
真田幸村の名前が少しずつクローズアップされるのは、晩年と言ってもいいこの頃でした。
そして、真田丸という出城を作って、勇猛果敢に家康軍を攻めたて
家康本陣に攻め入り、あわや徳川家康本人に太刀を付ける直前まで攻撃したのです。
要は真田幸村の目立ったパフォーマンスはそれだけだったんですな。
でも、ま、一応スゲー事だったんで有名になり、死後江戸時代、明治時代と書物のうえでは
逸話らしいもの(殆どがフィクション)を増やしまくって現在に至るという……(笑)
もっとも、江戸中期・後期は幕閣に逆らいたい庶民達が大勢だったので、徳川に弓引いた
幸村の人気が高かったようです。
だもんで、大河ドラマなんざ、もともとの限りなくフィクションに近い物語に、新たな感動と面白さを
織り込んで放映しているよーなもんす(笑)

因みに戦国期は女性に名前は付けない場合が殆ど。
信長の嫁は「濃姫」だの「帰蝶」だの「鷺山」とかいろいろと名前が出てますが
現実は「道三 娘」です。名前はありません。
また、有名な話しですが、水戸光圀(水戸黄門)は日本全国行脚などしていませんよん。
水戸と江戸城の往復以外、外に行ったことなんざないっす。
テレビの世界は嘘ばっ~っけ!(笑)
とか、ウジャウジャ言ってるけど時代劇モンは嘘だとわかってますけど、結構好きです(笑)
ちゅーことで、御後がよろしーよーで……

すいません、話しが逸れまくってしまいますた。
フィギアの幸村です。
19052201.jpg
ベースのキットはイタレリブランドのズベズダのコサック兵です。
このキットも非常に魅力的で、特に馬のモールドが好感触です。
筋肉の表現が凄い!
右側のポーズをチョイスしました。

19052202.jpg19052203.jpg
組み上げて、おおざっぱですがモールドを全て削り取ります。
ヘッドはキットのままだとロシア人特有の毛むくじゃらなので、
さすがに変更です。ホーネットに替えました。

19052204.jpg
六文銭で有名な「真田幸村公兜」(笑)
ドラゴンのドイツ軍ヘルメットを選びました。ドラゴンってちょいと大き目なんすよね。
だから作業しやすいという(笑)

19052205.jpg19052206.jpg19052207.jpg
プラペーパーを使用しての作業。プラペーパーはエバーグリーンの0.14㎜
鹿の角はランナーの角を利用して彫り込みました。短いのはエポキシパテです。
ジャンクのエッチングパーツや、AVコード等でディティールアップ。
六文銭の目印は、エアウェイブのプラの透明ボルトを利用。
なかなか中心に円が彫れませなんだ(笑)


19052208.jpg19052209.jpg
19052210.jpg19052211.jpg
それなりに塗装。
真田の赤備えは武田氏から来ています。
通常の赤は現代っぽいので、赤にレッドブラウンを混色して赤のくすみみたいのを
表現しました。
作り込み、塗装、ともにネットで調べると同じ幸村の甲冑でもいろいろなパターンが
あるので、ベースはNHKの大河ドラマ(笑)で、あとは作りやすそうなモノを選びました。

結局、裸眼(オレの)でおかしくなければヨシ!というのが常の基本です(笑)

本日もお付き合い、ありがとうございました。







 

静岡ホビーショー 2019

え~~、「あけましておめでとうございます」から早くも5ヶ月半も
経過してしまいました(笑)
も~ね~、歳を重ねてくると、一日はスゲー長くて、
1週間もちと長く感じる…で、ひと月はなんとなく過ぎて
半年は早く感じるんすよね~
で、1年なんかあーっという間、5年10年なんざぁ、うっ!っちゅー間なんですよ(笑)

19051507.jpg
ちゅーことで、静岡ホビーショーに行ってきました。
といっても、私は1/35のフィギアしか持っていきませんでしたけど。
……飛行機主体のクラブだっちゅーのに、飛行機は持って行かないという……
実は我がクラブ「Wing 8」飛行機のスッゲー人ばかりで、
とてもじゃないが叶わないということで、35のフィギアに鞍替えしたという……
ま、ウソですけどね(笑)
いや、フィギアの面白さにハマったというのは、前回も書きましたが、
あれから、なぜか持続してるワケだ、これが……(笑)

19051501.jpg
こいつは「メンフィス・ベル」の映画バージョンの一場面のそのままキットです。
組立て、塗っただけ。
コーリー(現レジェンド)のレジンキット、ジープはタミヤです。

19051502.jpg
第352国民擲弾師団兵 アルデンヌ1944 です。
迷彩塗装が楽しかったですよん。
ドラゴンのインジェクション。

19051503.jpg
ラムケ旅団兵 リビア1944 です。
アルデンヌの寒さを作ったら、やっぱリビアの暑さでしょう(笑)
ドラゴンでございます。

19051504.jpg
武装親衛隊ライプシュタインダルテのアドルフヒトラー師団戦車兵 ロシア1943でごんす。
こいつも、迷彩が楽しかったです。
ドラゴンのキット。

19051505.jpg
ドイツ軍ばかりだとナンなんで、北西ヨーロッパの米軍戦車兵でおま。
ドラゴンフィギアシリーズの初期キットですが、秀逸の出来です。

19051506.jpg
あのオッサンとノルマンデイの戦車兵士官ですな。
両方ともレジンであのオッサンはウォーリア―ズ、戦車兵はショーモデリングです。


会場内をいろいろとみて回りたかったのですが、天気が良かったせいか、
一段の賑わいで人波でヒーハーヒーハーの連続でした。
あまり見て回れず、残念。
また、模型を通して知り合った人たちとの、久々の再会も嬉しかったです。

で、今はなぜか1/35のフィギアを改造して
なんと「真田信繁 (幸村)」を作っておりまする~~(笑)
どーなりますことやら……

本日もお付き合い、ありがとうございました。











 

Menphis Belle

18122503.jpg
異常な寒波到来の昨今ですが、
お元気ですか?
さすがに、寒いですなぁ。……朝三時半ごろは(笑)
でも、体感的に午前五時過ぎぐらいが一番寒く感じまする。
クリスマスも大晦日も元旦も関係なく
手を動かしている……模型のため!(笑)……わけですが。

で、メンフィス・ベルっちゅーても、フィギアでございます。
韓国のナンタラっちゅー、レジンキットで全部カタチが決まっていて
塗装だけすりゃいいという。
18122501.jpg18122504.jpg
塗装が終わったとこでございます。

18122505.jpg
パイロット達のジャンパーの右側にはこのパッチが付いてまする。
トーゼン手描きで入れました(笑)

フィギアが終わったら、ジープですな。
18122506.jpg18122507.jpg
最初に手を付けてしまった、太古のジープ(笑)
で、どーもフィギアのケツがうまく収まってくれない。

18122508.jpg18122509.jpg
そしたら、こっちのジープが部屋のクローゼットの奥から出てきたという。
急遽、こっちを製作しました。
うまくケツも収まるし(笑)

18122510.jpg18122511.jpg
パッパッパッと組み立てて、ウェザリングです。
フィールドグラスを細かく切ったものを混ぜたラッカーパテを
そこらじゅうにベタベタとやり、
自家製泥色を塗ったくり、
アクリル溶剤で溶いたミグ粉で塗装。

18122512.jpg
ステアリング接着の都合上、ドライバーだけ乗せて
ジープが完成。

18122513.jpg18122514.jpg
それなりに、お人形さんをくっつけて完成でございます。
ベースは頂き物です。

18122502.jpg
因みに、この写真は本物のクルー達でございます。
アメリカ第8空軍第91爆撃航空郡第324爆撃飛行隊でございます。

で、製作の必要に駆られて、引っ越してから数回しか開いてない
我が部屋のクローゼットを開けたら、結構AFVがありまして……
当然、フィギアの群れも居たわけです(笑)
18122515.jpg
ちょいと、引っ張りだして記念撮影(笑)
この他、タミヤやレジン製が無数に……(爆)
で、フィギアの塗装もナカナカ面白いし、1箱でそれなりに
フィギアのみのヴィネットが出来るような感じのものも多く、
作ってみよーかと昔から思ってました。
ヴィネットって言い方はスッゲー嫌い(笑)
こじゃれてんじゃねぇよって言いたい。
大分定着したみたいですがね。
因みに、知ってました?
ホビー・ジャパン系が「ジオラマ」、モデルアート系が「ディオラマ」
モデル・グラフィックス系が「ダイオラマ」なんすよね(笑)
私は「ディオラマ」でいきたいと思います。
だから「ヴィネット」も「小さいディオラマ」と呼びたい(笑)

閑話休題……

ちゅーことで、2019年一発めは
コレで行こーかと……
18122516.jpg
敗戦色濃くなった、ベルリン。
ドイツ軍最後のあがきだぞっと……(笑)

18122518.jpg
全体をラッカーのフラットホワイトで塗装。
あとはエナメルでチマチマと塗装。全てタミヤカラーの筆塗りです。

18122520.jpg
迷彩がなかなかメンドクサイけど、
それなりに楽しい(笑)

去年は32のゼロ戦に始まり、35のメンフィス・ベルのクルーに終わりました。
今年は35で始まり、35で終わりそうです。


あ、
あけまして おめでとうございます
本年も拙いブログでございますが
よろしくお願いいたします


本日もお付き合い、ありがとうございました。





 

« »

08 2019
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
SEARCH